忍者ブログ Happyをさがして Ⅱ
岡村孝子さんの事を囁いています(^。^)y-.。o○
+コメント
[03/22 シアワセ ユキ]
[03/22 りょっち]
[12/16 シアワセ ユキ]
[12/16 りょっち]
[09/25 シアワセ ユキ]
+お気に入り写真
ヒマワリ娘
+カウンター
+癒しの空間
ぼくの金魚鉢
+カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
+ブログ内検索
+identity
+アクセス解析
+子守唄
 
  48 47 46 45 44 43 42 41 40 39 38
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE: 05/25/2008 09:58:18 PM

       最近、孝子さんに掛ける時間より恵美子さんに掛ける時間のほうが長い。

そして、、、恵美子さんの声聴いていると、気持ちも何となく~~♪ほんわかしている。

懐かしく、またあの夢中になっていたあの時期にすんなり入り込める。

言い回しも、声の艶めかしさも、元気になるお喋りもあの時のまま(^^ゞ

当たり前だけれど(^u^)

 

 よくよく考えてみると、やはりあの『事件』以来である。

孝子さんの曲名がわからなかった事と、『Aming再結成』。

『大沢孝子捜索』も今の心境と変わらないかもしれない。

『ソロ 岡村孝子』復活まで、しばらくはこんな迷走が続くのかもしれない。

 



DATE: 05/26/2008 04:13:33 PM
 
ユキさんの、孝子さんに対する温かいまなざしは、

“愛”という言葉だけでは語りつくせないような気がします。

孝子さんに対する思慕だけでなく、孝子さんを愛し、

応援しているが故の迷い、孤独感、悲しみ、喜び、感動。

そうした繊細で深い想いを心のままに表現されるその姿は、

読んでいる私の方が、思わず胸が熱くなる時があります。
 
かつて高校時代に“孝子さんが全て”だった頃、

気持ちばかりが空回りして、コンサートで赤っ恥をかいた事。

どんなに頑張って応援しても、

ファンとアーティストの距離感が縮められそうになく、落ち込んだ事。

孝子さんの離婚を期に悩み、さまよい続けた時の事。
 
それでも、孝子さんの歌を聴くと、いつもとても温かい気持ちになれる。

それはやはり孝子さんを“愛している”からなんでしょうね。

そんな「ガラスのかけら握ったような せつない想い」を抱きつつ、

今日も孝子さんを応援し続ける。
 
ユキさんも似たような想いを感じているのではないでしょうか?

かってにユキさんの心の内を想像してごめんなさい。

でも、そんなユキさんの姿にとても共感を覚えます。

なぜか他人ごとじゃないような感じ、といったらいいんでしょうか……
 
しまりのない文になりました。

お互いに、夏のニューシングルを待ちわびながら、

孝子さんを温かく見守っていきましょう。



DATE: 05/26/2008 08:50:56 PM
 
 今井さん、今晩は。

今回の書き込みに関し、少しばかりシアワセ ユキの心の変化をお知らせします。
 
Amingとして活躍されている孝子さんも孝子さんなんだけれど、

やはりなんだかしっくりしないのです。

理屈ではないと思うのです。

『ソロ岡村孝子』はどこか『ドロドロ』とした人間臭さがありました。

それに共感、勇気づけられていました。

でも『amingの孝子さん』はどこか『綺麗に』仕上がり過ぎている、、。

でもこれも孝子さんなんですが、どこか違うのです。

そもそも孝子さんの出会いの『愛がほしい』や

当時買い込んだ『Kiss』までのアルバムたち。

それらの影響が大きすぎます。

『Aming』が大人のクラブ活動なら、シアワセ ユキはしばらくの間、

『過去に愛した女たちの旅』に暫しの時間、彷徨ってみようと思います。

そして『ソロ孝子さん』の事を改めて応援できればと考えています。

またいつの日か『Aming』のこと温かいまなざしで応援できればとも思います。
 
 今の気持ちは決して今井さんが仰るような『温かいまなざし』ではないのです。

自分が考えている『孝子像』と違う、ただそれだけなのかもしれません。

ここ数週間、発売時あれだけ夢中なったのに『Aming』を聴かなくなりました。

『ソロ岡村孝子』と『中山恵美子の番組』しか聴いていないですね。
 
 『Aming』も孝子さんですから、素直に応援すればいいのでしょうが。
 

PR
□ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
□ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
TOP

忍者ブログ × [PR]


Produce by Samurai Factory Inc.