忍者ブログ Happyをさがして Ⅱ
岡村孝子さんの事を囁いています(^。^)y-.。o○
+コメント
[03/22 シアワセ ユキ]
[03/22 りょっち]
[12/16 シアワセ ユキ]
[12/16 りょっち]
[09/25 シアワセ ユキ]
+お気に入り写真
ヒマワリ娘
+カウンター
+癒しの空間
ぼくの金魚鉢
+カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
+ブログ内検索
+identity
+アクセス解析
+子守唄
 
  50 49 48 47 46 45 44 43 42 41 40
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE: 06/20/2008 07:58:13 PM

  朝日放送。在阪局で、もっとも遅くまで移転しなかった放送局。

 長年、大阪の環状線福島の駅から徒歩10分の好立地にあった。

建物の前に着いてもこれがあの準キー局とかと思えるような建物。

初めて行った時は、となりの、過ってのプラザホテルが朝日放送だと思った。

ラジオ、テレビの両放送を発信しているわりに、地味な感じである。



 でもこの放送局は、今まで一番訪問している。

番組も好きなのが多い。

1975年頃は建物一階のサテライトスタジオでのラジオ番組の公開録音に、何度も訪れた。

『恵美子の長いつきあい』の公開録音やテレビの公開録画にも何度か訪れた。

そして最近の一番の想い出は、キャンペーンを終えた『孝子さんの出待ち』のひととき。

ラジオ片手に、警備員さんにも了解を得たものの不審がられながらのドキドキのひととき。

放送終了後の以外にも早い移動に、この時は驚いた。

驚いている間に、どこからかスーと滑り込んで来たタクシーに乗り込もうとした孝子さんに、

全身の力を込めて『孝子さ~ん!』って呼びかけた。

結局一言もお話できずに後部座席に乗り込む孝子さんは、

ほんとうに小柄で、ポスターやコンサートパンフットから受ける『清楚な』感じではなく、

まだ幼い二十歳前の少女ってイメージでした。

 あの時『シアワセ ユキ です』と一言言ってれば、

別の展開があったのかな?なんて今頃になって悔やんでいます。

 なんの公開録音(えみ長?)か忘れたけれど、この社内で迷った事があった。

建物内部の廊下が複雑に入り組んでいて、ウロウロした記憶がある。

また本日のニュース番組の女性アナウンサーも、トイレには、

何やら想い出のあるようなコメントをしていた。

親しみのある放送局である。

シアワセ ユキにとって、いつも空気のような存在で、

なくてはならない物のひとつで今後もこの放送局の存在は大きい。

ひとつの時代が終わり、新しい場所からの放送だけれど、

いつまでも聴取者、視聴者の観点で放送してほしいものです。


 

PR
□ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
□ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
TOP

忍者ブログ × [PR]


Produce by Samurai Factory Inc.