忍者ブログ Happyをさがして Ⅱ
岡村孝子さんの事を囁いています(^。^)y-.。o○
+コメント
[03/22 シアワセ ユキ]
[03/22 りょっち]
[12/16 シアワセ ユキ]
[12/16 りょっち]
[09/25 シアワセ ユキ]
+お気に入り写真
ヒマワリ娘
+カウンター
+癒しの空間
ぼくの金魚鉢
+カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
+ブログ内検索
+identity
+アクセス解析
+子守唄
 
  51 50 49 48 47 46 45 44 43 42 41
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


DATE: 06/25/2008 08:55:40 PM

 


  過去の放送を録音してたカセットテープ『恵美子の長いつきあい』の某日。

リスナーのリクエスト『Amingの待つわ』と美恵子さんが紹介して、演奏が始まるとすぐ切ってしまっている。

時は1980年か、1981年。

まだまだ『孝子さん』に出会うまでの心の準備の出来ていない頃。

社会生活も、『恵美子さん』『浩子さん』という心の友にも恵まれていた頃。

この頃は、あらゆる事に『飛び回っていた』し充実していたと思う。

 そんな時代に『Amingの待つわ』と紹介されても、

数多くいる歌手のひとりの歌としか捉えていなかった。

心が『満腹状態』であったので、たぶんこの時に『愛がほしい』が架かっていても、

何の衝撃もなかったのかも知れない。

  今となっては、なんとも不思議な巡りあわせのテープである。



DATE: 06/25/2008 10:10:05 PM

こんばんは、今井です。

「恵美子の長いつきあい」で「待つわ」がリクエストされたんですね。

ん?ちょっとまってください、

たしか「待つわ」は1982年の7月にシングルリリースでしたよね……

ま、そんな細かいことはともかく、今回の話題にのぼったテープには、

ユキさんがおっしゃるように“不思議な巡り合わせ”を感じますね。

「恵美子の長いつきあい」の番組内では、恵美子さんの曲の他にも

(おそらく)当時のヒットナンバーがリクエストされる事が時々あったのではないかと思います。

それでも、いくら「待つわ」がヒットしていたといっても、

番組でリクエストがかかったのは1回しかなかったことでしょう。

偶然にもユキさんが「待つわ」がリクエストされた日に録音されていたか、

もしくは1982年当時の「恵美子の長いつきあい」を、

毎回欠かさず録音されていたか、どちらかだと思いますが、どうでしょう?

恵美子さんや浩子さんに孝子さん同様、一生懸命になっておられたのでしょうね。

はたまた、後の“未知標”として、神様が与えた偶然のいたずらか……

時の流れと運命を感じるといったら大げさでしょうか?

いぜん書き込みしたように、あみん解散後1983年頃は、

私も浩子さんを聴いていましたが、孝子さんの時ほどのめり込むことがありませんでした。

浩子さんの少し少女的で、でもちょっとグリム童話のような“怖さ、

人間の性(さが)”を持つ世界観は、とても魅力的でした。

しかし、当時私はまだ小学校を出たばかりの中坊。

そんな世界を理解するにはちょっと幼かったのかもしれません。

「じゃあ、何で岡村孝子は理解できたの?」

という疑問が湧きますが、巡りあわせというか、“心が求めた”というか……

うまく説明できずにいます。

ただ、同郷っていうだけではない、

やはり、曲そのもに心惹かれる何かがあったのだろうと思っています。

おそらく、ユキさんと孝子さんの「愛がほしい」も

そんな巡りあわせによって出会えたのではないでしょうか?




DATE: 06/26/2008 09:05:19 PM

 さすが、今井さんですね。

というより『待つわ』のリリースも知らないなんて、孝子さんにぶたれますね。

 本編の年代は、間違っていますね、テープは年代を書いていなくて、番組の内容から推測しています。

ポートピアとか、番組の公開録音の曜日などとか、、。

 色んな人との出会いは、本当に大切ですね。

ひょんな出会いも、あとにってはこんなに続くのかというものあるし、

それだけに大切にしなくてはいけないですね。

 僕の場合、浮き沈みが多く、沈んだ時期の出会いって長続きしていますね。

やはり心病んでいるって、心素直になれるのですね。

 浩子さんの事は、改めて記します。

孝子さんに出会って、、、というか、その前の『ギャルギャル神戸』が終了し、

東京でオールナイトニッポンでブレイクした浩子さん。

そして、少女少女してた浩子さんが好きだったのに、

その世界が自分が考えていた浩子さんの作品の一部で、

オドロオドロした世界が、理解できなくなっていったのです。

孝子さんに出会ってからもしばらくは『追っかけ』をしていました。

しかし、アルバムが出ても買う枚数は急激に減り、

コンサートも近距離のみの参加になりました。

 そして、自分の気持ちにうそをつくのは嫌で、ファンクラブも退会しました。


  いろいろ取りとめなく記してきました。

その時その時の心のありようで、出会いはやって来る。

孝子さん風に記せば『心の隙間のパズルがハマった』のでしょうか。

 そして“出逢いは いつでもきめいて 

知らない私を連れてくる”のではないのでしょうか。



PR
□ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
□ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
TOP

忍者ブログ × [PR]


Produce by Samurai Factory Inc.