忍者ブログ Happyをさがして Ⅱ
岡村孝子さんの事を囁いています(^。^)y-.。o○
+コメント
[03/22 シアワセ ユキ]
[03/22 りょっち]
[12/16 シアワセ ユキ]
[12/16 りょっち]
[09/25 シアワセ ユキ]
+お気に入り写真
ヒマワリ娘
+カウンター
+癒しの空間
ぼくの金魚鉢
+カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
+ブログ内検索
+identity
+アクセス解析
+子守唄
 
  52 51 50 49 48 47 46 45 44 43 42
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


 DATE: 12/01/2008 02:15:41 PM ----- BODY:

 

     けっして美人とは言えない。

しかし『真赤なほっぺた』と『やや鼻にかかった話し方や唄い方』

『少女少女した世界観』に当時の僕は、引き寄せらていた。

もう何年前なんだろうか。

熱が覚めて10年以上も経っているから、、、、。

 当時唯一の情報源のラジオ放送から流れてきた『忘れられた部屋で』だった。

その曲調と歌詞がドラマ仕立てになっていて、心に沁み入るのでした。

発売が1978年秋。

またしても1978年。

ギャルギャル神戸で耳にしたものか、全く別番組なのかはわからない。

過去のレコードも買い漁った。

シングル『おはようございますの帽子屋さん』『河のほとりに』『窓』。

LP『静かでいいな』『猫の森には帰れない』『もうひとりのアリス』

『鏡の中のあなたへ』とこのあたりまでは、

『浩子さん、浩子さん』と夢中になり、追っかけていた。

しかしLPの中の数曲は『浩子さんの世界』を理解できないものが、

これ以降少しづつ増え、『水の中のライオン』に至っては半分、

1993年発売の『天空歌集』などは全く理解できずにいた。

そしてファンクラブから来る冊子も全く目を通さない事が、

10年近く続いたのだろうか。

退会する数年前は、コンサートも数年おきにしか参加しなくなっていた。

初期には、『パソコン通信』での集いで、

浩子さんのオフ会に東京まで出かけたり、

96年には西は島根県西部の柿木村まで遠征した。

そんな熱意も、全てと言っていいほど『岡村孝子』との遭遇により、

『過去の人』になってしまった。

『感性の違い』『番組の終了』などの原因は多々考えらるけれど、

シアワセ ユキの『心を満たす』存在ではなくなっていった事は確かである。

最近過去の番組のテープや曲を聴いても、

懐かしいと思うだけでそれ以上の感動や安らぎなどはない。

少しづついだいていた『違和感』を感じつつも浩子さんのファンでいたのは、

少しばかりの未練だったのかも知れない。

 これを記すにあたって、浩子さんのオフィシャルやファンサイトを見ても、

もう過去のような感動はない。

 

 それにしても、『1978年』って、シアワセ ユキにとって色んな事があったようだ。

今一度、『自分史』として調べてみようか。

 


 

PR
□ この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
□ この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
TOP

忍者ブログ × [PR]


Produce by Samurai Factory Inc.